愛犬の様子がおかしい。「老い」と言われた症状は大病の予兆だった

愛犬の様子がおかしい。「老い」と言われた症状は大病の予兆だった
写真はイメージです。
<16歳の愛犬を亡くした心理カウンセラーが考えるペットロス Vol.15>

 16年一緒に暮らしたゴールデン・レトリーバー「ケフィ」を、2017年4月に亡くした木附千晶さん(心理カウンセラー)。ケフィはメニエール病などと闘い、最後は肝臓がんで亡くなりました。前後して3匹の猫も亡くし、木附さんは深刻なペットロスに陥ります。自分の体験を、心理カウンセラーとして見つめ、ペットロスを考えます。

◆長年の相方を失って…愛犬の身体に異変が

 17年間連れ添った愛猫・でんすけを見送った2015年9月頃から、ケフィに明らかに「今までとは違う」様子が見てとれました。

 まず、秋になって空気が乾燥してきてもいっこうに皮膚の状態が改善しなくなったのです。病気らしい病気もしたことがない元気なケフィでしたが、子犬の頃から唯一、弱かったのが皮膚でした。ひどくなると耳の中や脇の下などの湿気が溜まりやすい部分の皮膚が赤くただれ、毛が抜けることなどもありました。

 抗生物質を飲んだり、塗り薬をつけたり、その部分だけ毛を梳(す)いてたりしていましたが、毎年、梅雨から夏にかけては皮膚病に悩まされました。

 そんな皮膚病にいちばんの薬は、なんと「海!」でした。数日間、海で泳ぐとなぜかてきめんな回復を見せたのです。

 ところが、2015年の夏は海に入ってもぜんぜん良くなりません。とくにひどかったのは左前足の付け根から胸にかけて。秋になって空気が乾燥してきても、状態は悪化し続け、毛が抜け落ちた部分は広がり、赤みが増していきました。

あわせて読みたい

女子SPA!の記事をもっと見る 2018年7月8日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。