過激すぎるベッドシーンに俳優が降板。仏の名匠に舞台裏を直撃|『2重螺旋の恋人』

過激すぎるベッドシーンに俳優が降板。仏の名匠に舞台裏を直撃|『2重螺旋の恋人』
『2重螺旋の恋人』より
 ひとつのジャンルにこだわらず、詩情豊かな映像と練られたプロットで私たちを魅了する鬼才フランソワ・オゾン。芸術性に優れているだけではなくエンターテインメント性も高く、日本でも新作がほぼ毎年公開される数少ないフランス人映画監督です。

 そんなオゾン監督の話題作『2重螺旋の恋人』(8月4日公開)は、双子の兄弟と恋に落ちる女性を巡る謎を追いながら、人間のもつ潜在的願望をあぶりだすセクシーで危険なミステリー。来日したフランソワ・オゾン監督に、映画の制作秘話や女性のセクシュアリティについて質問しました。

◆衝撃のラストに息をのむ『2重螺旋の恋人』あらすじ

 謎の腹痛をいつも抱えているクロエ(マリーヌ・ヴァクト)。肉体的にはなにも問題がないはずだと医師に言われ、医師の勧めで精神分析医ポール(ジェレミー・レニエ)を訪れます。ポールとのセラピーで回復に向かうクロエは彼と恋に落ち、やがて2人は一緒に暮らし始めます。

 ところが、ある日、ポールとそっくりの男を発見。なんと、彼はポールの双子の兄ルイ(ジェレミー・レニエの1人2役)で、ポールと同じく精神分析医だというのです。しかし、なぜかポールは双子の存在をひた隠しにしている様子。ポールの秘密を探るためにルイに近づくクロエは、やがてルイとも体を重ねるように……。クロエはどこへ向かうのか。そして、ポールとルイの秘密とは……?

◆双子を通して表現したかったもの

――双子を題材にした理由は?

あわせて読みたい

女子SPA!の記事をもっと見る 2018年8月3日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。