日給4万円のベビーシッターがいる!アメリカの驚きの育児事情|映画『タリーと私の秘密の時間』

日給4万円のベビーシッターがいる!アメリカの驚きの育児事情|映画『タリーと私の秘密の時間』
『タリーと私の秘密の時間』より
 シャーリーズ・セロンが18キロも体重を増やして3人のママ役に挑んだ話題作『タリーと私の秘密の時間』が8月17日に公開されます。

 子供のお弁当作りや送迎、そして赤ちゃんの世話に日々、心身ともに消耗しているママの姿は、アメリカでも同じよう。同時に、本作に見る育児事情は日本とは異なる部分もあります。今回は、本作の見所とともに、アメリカの驚きの育児事情を紹介します。

◆出産後の入院期間が短い

 2人の子供を抱えて会社の人事部で勤務するマーロ。彼女の3人目の出産から物語は始まります。アメリカでは経膣分娩では2日間、帝王切開でもたったの4日間しか入院期間がなく、マーロもお産を終えてすぐに赤ちゃんと帰宅します。

 3人目の子供は娘のミア。一人目の娘サラ(リア・フランクランド)は小学生であまり手がかかりませんが、2人目の息子ジョナ(アッシャー・マイルズ・フォーリカ)は音に敏感だったり、こだわりが強かったりするなど、育てにくい一面も。

 夫のドリュー(ロン・リヴィングストン)は彼なりに育児を手伝っているつもりですが、赤ちゃんが夜泣きしても、マーロの代わりに起きて授乳(哺乳瓶でもできますよね!)をすることなど思いつきもしない……。

◆保育園/幼稚園代が月20万円になるケースも

 疲労困憊している体を引きずって育児と家事を黙々とこなすマーロは、ある日、ジョナの校長に呼び出され、ジョナには情緒不安の疑いがあるからヘルプの先生を自費で雇うか、もしそれができないなら転校することを勧められます。

あわせて読みたい

女子SPA!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年8月15日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。