男性社会で生きたふたりの女性の物語、成功に結婚は足手まといか?

男性社会で生きたふたりの女性の物語、成功に結婚は足手まといか?
『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』より
「私たちはOLじゃなくて、サラリーマンだからね」。筆者が20代前半の会社員だった頃、女性上司にこう言われたことを思い出した映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』(3月15日公開)。



 16世紀、ヨーロッパ屈指の知性と美貌の持ち主だったふたりの女王、イングランド女王のエリザベスI世とスコットランド女王のメアリー・スチュアートを描いた物語です。

 従姉妹同士でありながら、イングランドの王位継承権を巡り、不本意ながらも敵対せざるを得なかったふたり。男性優位社会でなんとか生き延びようとした彼女たちが歩んだ正反対の人生から、現代の女性がなにを学べるのか――。今回はふたりの対照的な生き方を紐解いていきたいと思います。

結婚を捨てた女王エリザベスI世

 生涯独身を貫き通し“処女王”と呼ばれたエリザベスI世(マーゴット・ロビー)。

 25才の彼女がイングランド女王に即位して開かれた最初の議会では、議員たちがエリザベスに「女王はこの国のキリスト教会の首長になれない」から一刻も早く結婚すべきだと迫ります。そのとき、彼女はこう言い放ちました。「私が息をひきとったら、大理石の墓に『処女として生き、処女として亡くなったエリザベスがここに永眠する』と刻んでください」。(※1)

“私はイングランドと結婚した”と主張する彼女は、ロバート・ダドリー(ジョー・アルウィン)という恋人がおり、劇中、ロバートとエリザベスの切ない恋愛

あわせて読みたい

気になるキーワード

女子SPA!の記事をもっと見る 2019年3月16日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「片思い」のニュース

次に読みたい関連記事「片思い」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「結婚」のニュース

次に読みたい関連記事「結婚」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「不倫」のニュース

次に読みたい関連記事「不倫」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら