わが子の発達障害を受け入れることで、広がった“あったかい世界”

わが子の発達障害を受け入れることで、広がった“あったかい世界”
【ぽんちゃんはおしゃべりができない Vol.13】

 小学生5年生の娘と小学2年生の息子を持つシングルマザーの筆者が、発達障がいの息子・ぽんちゃんとのドタバタな日々を綴ります。

<前回のあらすじ>

言葉が正確に通じないからこそ、注意しても、簡単には治らないぽんちゃん。どうしてわかってくれないんだろうと強く叱ったこともあった。だけど今は、「ぽんちゃんは基本的にいろんなことができない」ということがいい意味でベースとなっているから、毎日ぽんちゃんの新たな一面を発見できる。

◆心の支えになってくれた保育園の先生たち

 ぽんちゃんが0歳の時から通っていた保育園は、普通のどこにでもある認可保育園だった。私が小さなころからその場所にあり、今時珍しく園庭がとても広く、教室もたくさんある。ベッドタウンとして作られたこの街とともに、一緒にその街に根付いてきた、もう35年以上その場所にたたずむ、大きな保育園だった。

 先生たちも若い先生からベテランの先生まで様々。音楽をすごく大切に教えてくれる保育園で、なにより先生たちがいつもニコニコしている。たまに駅で帰りの先生たちと会うと、「ぽんちゃ~ん!!」とかけよってくれるようななつっこい先生が多く、私たちママたちも、すごくこの保育園が気に入っていた。

 娘のみーちゃんも、ぽんちゃんもこの保育園が大好きで、風邪をひいても、土日もみーちゃんは「保育園に行きたい」と言い、ぽんちゃんは朝になるとニコニコしながら保育園バッグを私に投げてくる。ふたりにとっても、私にとっても、この保育園はとても合っていたのだと思う。

あわせて読みたい

気になるキーワード

女子SPA!の記事をもっと見る 2019年5月25日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「夫婦」のニュース

次に読みたい関連記事「夫婦」のニュースをもっと見る

新着トピックス

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。