離婚した妻の「復縁」の迫り方がホラーすぎる。ポストに婚姻届け、深夜の待ち伏せ...

離婚した妻の「復縁」の迫り方がホラーすぎる。ポストに婚姻届け、深夜の待ち伏せ...
【ぼくたちの離婚 Vol.12 完璧なあなた、勝ち組のわたし #3】

 東大出のITベンチャーCEO・森岡賢太郎さん(仮名/現在38歳)と真希さん(仮名/現在36歳)は2012年に出会い、2年間交際して2014年に結婚した。しかし2017年5月、専業主婦になった真希さんが3人の医療関係者と不倫していることが発覚する。ストレスで7kgも痩せてしまった森岡さんだったが、探偵に依頼して不倫の証拠をつかみ、何食わぬ顔をして家を出た。2017年6月23日、金曜日の朝である。

◆自分の家宛てに内容証明郵便

「その日のうちに内容証明郵便が真希の手元、つまり僕のマンションに届くよう、弁護士に手配しておきました。こちらは不貞行為をすべて把握している、ついては離婚および慰謝料を請求するとともに、6月30日までに自宅からの退去を求める。そんな内容です」

 決行日をこの日に決めたのには、理由があった。

「まず、この日が会社の給料日だったこと。もうこれ以上1円たりとも真希に金を渡したくなかったんです。そして、この日は真希のパートの日で、13時から20時まで真希は動けなかったこと。内容証明郵便を受け取って事態を把握しても、取れる行動を制限することできたんです。彼女がどこかに相談するにしても土日を挟みますから、月曜までは時間が稼げます」

 出社した森岡さんは、社員数名を呼び出した。

「真希から僕に電話がかかってくることに備えて、僕宛ての電話を取り次ぐ可能性のある社員に事情を説明しました。もし真希が電凸したり、会社に押しかけたりしてきても、僕は会社にいないと言うようにと」

あわせて読みたい

気になるキーワード

女子SPA!の記事をもっと見る 2019年6月15日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。