高齢出産で妊娠中に起きやすい「合併症2つ」│医師に聞く

高齢出産で妊娠中に起きやすい「合併症2つ」│医師に聞く
写真はイメージです(以下同)
 過去3回にわたり、高齢妊娠・出産について、産婦人科医の富坂美織先生にお話を伺いました。今回は、高齢で妊娠した場合の妊娠中と出産時のリスクについて教えていただきます(以下、コメントは全て富坂先生)。

◆高齢出産にともなう妊娠中の合併症

 まずは、高齢出産の妊娠中のリスクについて話を聞きました。

「高齢出産の場合は、妊娠中に合併症を発症しやすくなります。特に知っておいてほしいのは、『妊娠高血圧症候群』と、『妊娠糖尿病』です。

『妊娠高血圧症候群』は妊娠20週目以降で血圧が上がり、タンパク尿を伴うこともあります。妊婦さんの約20人に1人がかかる、比較的よくみる病気です。重症になると、けいれん発作や脳出血、赤ちゃんの状態悪化が起こることもあり、母子ともに大変な状態となる場合もあるため、注意が必要です。

 治療は、安静、入院、薬物療法ですが、赤ちゃんの成熟が十分であれば、基本、赤ちゃんを出産して妊娠を終わらせることで、お母さんの状態はよくなります。高齢妊婦の他、肥満があったり、もともと糖尿病などにかかっている、多胎妊娠、初産婦の人などはリスクが高いので気をつけましょう。

『妊娠糖尿病』は、妊娠前は問題がなかったのに、妊娠中に高血糖となる病気です。全妊婦さんの7~9%がかかります。妊娠中は血糖値の厳重なコントロールが必要なため、しっかり妊婦健診を受けることが大切です。出産後は正常に戻ることもありますが、将来的に糖尿病にかかりやすくなるため、フォローアップも大切です」

あわせて読みたい

女子SPA!の記事をもっと見る 2019年9月7日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら