元人気子役が、壮絶な子供時代を告白「異常な状態に置かれてた」

元人気子役が、壮絶な子供時代を告白「異常な状態に置かれてた」
シャイア・ラブーフ
 幼少期から子役として活躍し、一時は期待の若手俳優No.1だったシャイア・ラブーフ(33)。ところが、ある時期から逮捕や奇行を繰り返すようになり、いつしかゴシップ紙を騒がすイタい俳優No.1となってしまった。

 一方で2017年に逮捕されて以降は、主演映画が話題になったり、自身で脚本を執筆した映画が絶賛されたりと、その才能に再び注目が集まるようになっている。そんなシャイアが今回、苦難に満ちた子供時代について語り、小さいときの壮絶な体験が原因で、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を抱えるようになったと告白した。

 ロサンゼルスの貧しい地区に生まれたシャイア。父は生活のために麻薬を売り、母は外で働き詰めだったという。そんなつらい環境から抜け出したいという一心で、シャイアは10歳のころよりコメディアンとしてステージに立つように。

 次第に役者を目指すようになったというが、それは「自分でお金を稼いで、失ってしまった家族の絆を戻したかったから」と過去のインタビューで語っている。

 そして、14歳の時にディズニーチャンネルのコメディドラマ『おとぼけスティーブンス一家』でルイ・スティーブンス役を演じてブレーク。その後も『トランスフォーマー』『インディ・ジョーンズ』といった人気シリーズに出演、巨匠スティーヴン・スピルバーグの秘蔵っ子として知られるようになった。

 そんなシャイアは今回、ザ・ハリウッド・レポーターのポッドキャスト『アワーズ・チャッター』に出演。子供の頃は、お金があれば両親のけんかがおさまると考え、仕事はその手段であったとして「僕は異常な状態に置かれた普通の子供だったんだ」と当時の状況を振り返った。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 告白 映画
女子SPA!の記事をもっと見る 2019年11月3日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「告白 + 映画」のおすすめ記事

「告白 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「浮気」のニュース

次に読みたい関連記事「浮気」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「キス」のニュース

次に読みたい関連記事「キス」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。