野草を食べて月3万円節約できたOL「味のハードルが下がって、カップ麺もご馳走に」

 そんな経緯もあり、野草の採取と調理には慣れています。なので、今でもお金がない時は野草を採って日々調理しているんです。意外と都会でも、食べられる草って生えてるんですよ。最近ではアプリを使って野草を探しています」

 ちょっと節約の形としては上級者向けですが、どのように実践されているのか興味がありますね。

◆たんぽぽの葉やイヌビユ、アサツキなどをおいしく料理に取り入れる

 ということで今回は都会でも見つけやすい、食べやすい野草について教えてもらいました。

「おいしくてびっくり! と思うようなものは少ないのですが、他の食材と一緒になら十分食べられる野草はたくさんあります。例えばたんぽぽの葉って意外と栄養価がすごくあるんです。私は春先によくお鍋に入れて食べたりします。野草は苦味が強いものが多いので、基本的に火通しとアク抜きは必須ですね。

 それに、冬はよくアサツキというネギっぽい野草を食べます。これは苦味よりも辛みが強いのですが、薬味のような感覚で食べることができます。私は甘味噌につけて、晩酌のお供にしたりもします。日本全国どこでも見つけやすい野草なので、東京でも土のある場所になら生えていたりしますよ。

 これからの時期はイヌビユという草も栄養があっていいですね。これも割と日本全国どこでも見つけやすいです。苦味が強いほうれん草のような味がしますが、醤油とバターできのこなどとソテーすればおいしく食べられます」

あわせて読みたい

女子SPA!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月10日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。