夫の“クズ発言”実例集「おまえ卵子あったの?」で離婚しましたetc…

夫の“クズ発言”実例集「おまえ卵子あったの?」で離婚しましたetc…
「住所と名前が変わりました」と書かれた年賀状をいただきました。長年の友人からで、新年を機に夫と別れ、新しい生活を始めたとのこと。

 後日彼女に会ったとき、「暴力があったとか、派手にケンカしたとかではないけれど、どうしても“無しにできない言葉”があって」と話してくれました。

 結婚生活を続けられなくなる“無しにできない言葉”とは、どんなものなのでしょうか。夫と別の道を往くことにした女性たちに、決心の引き金となった言葉を聞きました。

◆「お前って、卵子あったの?」

 当時、私も夫も30代なかば。自然にまかせてはいたけれど、なかなか子供ができないとき、「卵子の売買」をテーマにしたドキュメンタリー番組を観ました。そのとき、ふと、「私も(卵子の)売買を考えるときが来るのかな」とつぶやいたら、夫が「え? お前って卵子あったの? 全然妊娠しないのに?」と言ったのです。それも、笑いながら。

 一瞬、何を言われたかわからず固まってしまったのですが、どんどん嫌悪感が広がり、謝られても受け入れられませんでした。一方的に出来損ないとでも思われていたようで悔しかったし、笑っていたこともとても嫌で、ほどなく別れました。(瑞菜さん・39歳)

◆「女はお母さんになったら、女に戻れないんだよ」

 子供ができてから私を「お母さん」と呼ぶ夫を不快に思い、「たしかに私は子供の母親だけど、あなたのお母さんじゃないからやめて」と頼みましたが、返ってきたのは「女はお母さんになったら、女に戻れないんだよ? お母さんが気に入らないなら、ママにする?」という信じられない言葉。

あわせて読みたい

女子SPA!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月11日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。