疲労回復に「究極の野菜スープ」のつくり方。優しい甘みに、ホッとします

疲労回復に「究極の野菜スープ」のつくり方。優しい甘みに、ホッとします
野菜だしのスープ
「熱はないけれど、なんとなくだるい」「寝込むほどじゃないけれど、なんとなく体の節々が痛い」等々。寒さが本格的になってきた冬だからこそ、感じる不調ってありますよね。「なんとなく」だから「気のせいかも」と放置してしまうと、本格的にダウンしてしまうかも。

『なんとなく不調をととのえるスープ』には、どこか曖昧な症状を回復させるレシピがいっぱい。特徴的なのは、「胃腸の負担を少なくするために、動物性たんぱく質を使わない」こと。肉や魚で出汁を取らないなんて、物足りない味になりそう、と私も不安になりました。ところが実際に作ってみたら、まろやかなおいしさにびっくり。野菜の凝縮された旨味が、しっかりと生きているのです。

◆野菜だけなのにしっかり美味しい

 夏にスイカやキュウリを食べて熱い体を冷やしたり、冬にゴボウやレンコンを食べて体をあたためたりしますよね。「季節のお野菜は、その季節の体に必要な役割を持っていて、旬の野菜をとることで、体が季節の変化に自然と対応できるようになる」と本書が示すように、組み合わせ次第で奥深い味わいになるのが、本書に載っているスープ。まずは、これさえ覚えておけばバリエーションもバッチリ、という基本のスープから作ってみましょう。

☆野菜だしのスープ

【材料(2人分)】

 玉ねぎ  30g

 キャベツ  30g

 さつまいも  30g

 にんじん  30g

 水  600ml

 塩  小さじ1/5

<作り方>

あわせて読みたい

女子SPA!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月15日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。