“不妊治療をがんばりすぎて妊娠しにくい体になる”という矛盾

“不妊治療をがんばりすぎて妊娠しにくい体になる”という矛盾
写真はイメージです(以下同)
「赤ちゃんが欲しい」と意識しはじめたものの、なかなか授からず不妊治療をスタート。しかし、成果が出ず、体のしんどさに加え、焦りと不安でこころのバランスを崩してしまう……。

 不妊治療を受ける人が増えているいま、決して珍しい話ではありません。

「不妊治療をがんばればがんばるほど、赤ちゃんを迎える体からは遠ざかってしまう」

 そう指摘するのは、『卵巣セラピーで妊娠体質をつくる』の著者で、20年にわたり、内科医の立場で妊活や不妊治療をサポートしてきた、こまえクリニックの放生勲(ほうじょう・いさお)先生です。

 赤ちゃんを望んで始めた不妊治療によって、なぜ、赤ちゃんが遠ざかってしまうのでしょうか? 不妊治療の現状を伺いました。

◆不妊治療のストレスで、心身がボロボロになる悪影響

――先生のクリニックではどのような治療をしているのでしょうか?

放生先生(以下、放生):うちは普通の内科のクリニックですから内診台はありません。風邪や糖尿病の患者さんと同じように対面でお話を聞き、検査をして妊娠できない理由を探り、必要に応じて漢方薬や薬を処方していきます。つまり、妊娠しやすい、妊娠を維持できるからだづくりのサポートですね。

 あとは、基礎体温表のつけかたをレクチャーし、タイミング法を指導。人工授精や体外受精を希望する方には、信頼できる医療機関を紹介します。

――どのような相談が多いですか?

放生:いろいろな方が来院されますよ。不妊治療は通常、排卵日を予測し、それに合わせてセックスをする「タイミング法」、精子を直接、子宮の中に注入する「人工授精」、それでもダメな場合、「体外受精」へと進みます。次の段階へ進むことを「ステップアップ」と言いますが、「ステップアップしようかどうしようか」と悩んでいる方は多いですし、また、不妊治療自体がつらくてやめたい、でも赤ちゃんを諦めたくはないという方も多くいます。

あわせて読みたい

女子SPA!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「妊活 + 漫画」のおすすめ記事

「妊活 + 漫画」のおすすめ記事をもっと見る

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月13日の女性コラム記事

キーワード一覧

  1. 妊活 漫画

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。