ママ友グループでいじめの標的に。被害は子どもにまで…

ママ友グループでいじめの標的に。被害は子どもにまで…
※写真はイメージです
 2019年10月に神戸の小学校で発覚した教員同士のいじめは、その手口の残虐性に注目が集まった。また、韓国では元KARAク・ハラの自殺の原因がネットいじめとも噂され、“大人のイジメ”は今、改めて大きな社会問題となっている。その背景と実態に潜む人間の闇に迫った。

◆ママ友カーストが、イジメに発展

 今年から都内の名門私立小学校に息子を通わせている専業主婦の葛城みずきさん(仮名・32歳)は、ママ友から陰湿ないじめを受けているという。

「高所得な家庭が多いので、世帯年収600万円ぐらいの私はママ友カースト最下層。カフェや喫茶店のママ友会でも、有名ブランドを着てくる他のママと違って、私はいつも全身ユニクロです。『もっと服装に気を使ったら?』とボスママに注意されました。

 その件で、ママ友グループの格を下げる存在と思われたのでしょう。突然、ママ友会の場所が5000円以上する高級ホテルのアフタヌーンティーに替わったんです。さすがに家計を圧迫するので断ったら、挨拶をしても無視されるようになって」

 以降、ボスママによる葛城さん包囲網が築かれていったという。

「私を外した新しいLINEグループがつくられたみたいで……。それに、ボスママと付き合いのない他のママと話していても、その女性を呼び寄せて私が“ぼっち”になるように図ってくるんです」

◆子供までイジメの標的に

 さらに、ボスママの嫌がらせは子供にも向けられるようになった。

あわせて読みたい

女子SPA!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月26日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。