箕輪厚介氏のセクハラ報道で噴出。女性ライターが語る“悪質編集者たち”からの被害

箕輪厚介氏のセクハラ報道で噴出。女性ライターが語る“悪質編集者たち”からの被害
文春にセクハラ疑惑を報じられた幻冬舎の「言わずと知れた天才編集者」箕輪厚介氏の著書『死ぬこと以外はかすり傷』。今回のセクハラ疑惑報道も箕輪氏にとってはかすり傷なのだろうか。
 出版業界におけるセクハラ、パワハラ問題が炎上し、議論を呼んでいる。

 きっかけは幻冬舎の編集者・箕輪厚介氏による原稿料未払いとセクハラ問題を報じた「文春オンライン」の記事(《絶対変なことしない》《でもキスしたい》幻冬舎・箕輪氏が不倫関係を迫った「エイベックス松浦自伝」出版中止の真相)。

 記事によると、被害を受けたのは元エイベックス社員で現在はフリーランスのライターとして活動しているA子さん。かねてからエイベックスCEO(現在は退任)・松浦勝人氏と親しい間柄だった彼女は、2016年12月頃、箕輪氏からの依頼で松浦氏の自伝を執筆。松浦氏への密着取材を重ね、わずか2か月で10万字にわたる原稿を書き上げたという。

 しかし著者である松浦氏の都合により出版は白紙に。出版前に契約書も取り交わされておらず、Aさんにはいまだ原稿料は一銭も支払われていない。

 また記事では、箕輪氏からAさんに送られたメッセージも公開されている。そこには「Aちゃんち行きたい。」「絶対変なことしないから!」「キスしたい」「ふれあいたい」などと赤裸々な口説き文句が並べられている。

 この記事を受け、ライターや記者、作家など出版界で働く女性から「私も似たような経験がある」という被害報告を訴える声が続出しているのだ。本稿では被害者たちのプライバシーに配慮したうえで、その実例を取り上げていく。

◆二人きりの飲み会でキスを迫られて……

「まだ駆け出しのライターの頃、定期的にお仕事をしていたファッション誌の編集者から『二人きりで飲みに行かない?』と誘われました。正直、乗り気ではありませんでしたが、相手はクライアント。むげに断ることもできませんでした」

あわせて読みたい

女子SPA!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「浮気」のニュース

次に読みたい関連記事「浮気」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「不倫」のニュース

次に読みたい関連記事「不倫」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「結婚」のニュース

次に読みたい関連記事「結婚」のニュースをもっと見る

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月25日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。