コロナ患者に1.2億円の請求?! アメリカの治療費が凄まじい

コロナ患者に1.2億円の請求?! アメリカの治療費が凄まじい
       
 コロナの入院治療費として1億2,000万円の請求書が届いたら…心臓発作でも起こしそうですが、これはアメリカで本当にあった話。

 新型コロナウイルス感染症となった男性が、入院していたシアトルの病院から、そんな仰天価格の請求書を受け取ったと報じられました(6月13日、米紙シアトル・タイムズ)。とにかくぶっ飛ぶほど医療費が高額のアメリカでは、コロナの治療費もとんでもないことになっているようです。

◆62日間の入院で、治療費は1億2,000万円

 この男性は、新型コロナウイルス感染症となり62日間入院していたそう。一時期は死を覚悟する事態になり、家族に別れの言葉を告げるため電話したこともあったのだとか。しかし男性は徐々に回復。約2か月に及ぶ入院生活に終わりを告げ、無事退院しました。そして受け取ったのが、112万2,501ドル4セント(約1億2,051万1712円)の請求書だったのです。

 アメリカは医療費がとにかく高いことで有名。公的医療保険制度もありますが、対象となるのは65歳以上の高齢者や障がい者、低所得者のみです。それ以外の人は、民間の保険に入るわけですが、無保険状態の人が約2750万人もいるのです(2018年)。

 1億2000万円を請求された男性の場合、70歳で公的医療保険制度の対象だったため、治療費の自己負担はありませんでした。が、もし自腹だったら破産です…。

 アメリカで暮らす人なら、コロナ蔓延のニュースとともに「今コロナになったら、いくら治療費がかかるんだろう…?」という不安がよぎったはず。ハワイで暮らす筆者もそのひとり。そしてこの治療費1億円超えのニュースを耳にして、コロナの治療費について調べてみることにしました。

あわせて読みたい

女子SPA!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月29日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。