スクワットで全身痩せ。“1日30秒で効果あり”のやり方って?

スクワットで全身痩せ。“1日30秒で効果あり”のやり方って?
(2) 股関節、膝関節、足首を均等に曲げながら丁寧に腰を落としてスクワットをしていきます。どの高さまで落ちてもセンターラインが崩れないように気をつけましょう。
 梅雨が終わって季節が初夏になってきました。家にジッとしてた人達もそろそろ身体を動かしたくなるはず。

 今回は体幹から下半身まで広い範囲に効果があってシェイプアップも期待できるスーパースクワットをご紹介します。

◆スクワットは全身運動なのです!

 一般的にスクワットと聞くと、下半身に効果のあるエクササイズというイメージがあります。確かにメインに使われるのは下半身です。しかし、姿勢や身体の使い方によっては上半身を含めた全身に効果を得られるものになります。

 特に背骨や姿勢はとても重要で、ダンベルやバーベルなどの負荷をかけずに行ってしまうと姿勢が簡単に崩れて下半身にしか効果が出ません。姿勢を崩さずに正確に効果的にスクワットを行って全身に効果を出していきましょう。

◆重要なのは「センターライン」

 姿勢を崩さず正確にスクワットを行うために重要なのがセンターラインです。「耳-肩-太腿-外くるぶし」をつなげたラインがセンターラインになりますが、これを地面から垂直に伸ばして崩さないようにしましょう。

 人間の重心は上半身が肋骨あたり、下半身が太腿の骨のやや上、そして全身はこの二つを繋げた線上の中心点です。この線を横から見た時に常に縦に並べたままスクワットをすると、上半身も下半身もフル稼働した状態になります。

 背骨や関節が固い人はこれを保つくとが難しく、すぐに背中が丸くなったり膝を前に突き出してしまったりして、身体の一部分に負荷や負担を集中させてしまいます。ちょうどこの姿勢を保つためにはセンターラインも用いることが最もシンプルで簡単です。

あわせて読みたい

女子SPA!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「アンチエイジング」のニュース

次に読みたい関連記事「アンチエイジング」のニュースをもっと見る

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月2日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。