ヘナタトゥーを身体中に入れまくっていた私を止めた友人の一言とは?

ヘナタトゥーを身体中に入れまくっていた私を止めた友人の一言とは?
       
 いったん彫ってしまったら一生消えない通常のタトゥーとは異なり、特殊な染料を使って肌にペイントを施すヘナタトゥー。1~3週間ほどで自然に消えることから若い女子たちに人気で、最近では安産祈願としてお腹に描くのが妊婦さんの間でも流行っています。

「私も数年前までハマっていて、腕や手、腰などにヘナタトゥーを入れていました。独特な模様がすごくオシャレに見えて、当時は自分のことをイケてると思い込んでいたんです」

◆インド旅行がきっかけでヘナタトゥーの虜に

 そう恥ずかしそうに話すのは、リネンパンツに白のトップスという夏らしいOLコーデに身を包んだ渡下夏枝さん(仮名・30歳/コールセンター)。しかし、以前はヘナタトゥーだけでなく、ゆったりしたエスニック柄のパンツなどアジアンファッションに身を包んでいたといいます。

「24歳のとき、オーストラリアでのワーキングホリデーを終えた後、南インドやスリランカをしばらく旅していたんです。向こうはヘナタトゥーの本場で、手の甲なら1つ100ルピー(約140円)と激安。もともとアジアン雑貨が好きで旅行中は両手両足が怪しげな文様だらけになっていることもありました」

 そもそもヘナとは、インドやアラブ、北アフリカなどが原産のハーブの一種。古くから乾燥させた葉がマニキュアや髪の染料として使用されており、古代エジプトの女王クレオパトラも愛用していたと伝えられています。

「帰国して今の会社とは別のコールセンターで働き始めました。あまり知られていませんが、社外の人と会う仕事ではないので入れ墨がNGじゃない会社も多いんです。私が勤めていたところもヘナじゃないタトゥーをがっつり入れている女性が何人もいました。だから、ヘナタトゥーを入れても文句を言われることはありませんでした」

あわせて読みたい

女子SPA!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「ヘナタトゥーを身体中に入れまくっていた私を止めた友人の一言とは?」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    08/09 12:01 否定ではなく一般的な感想かと思うけど。それでも やりたけりゃ やればいい。本人次第。

    7
  • 匿名さん 通報

    こういう○○をしてると周りに引かれますって記事が不愉快です あなたは止めたのかもしれませんが、他の人の好きなものを否定する記事はどうかと思います

    6
  • 匿名さん 通報

    ヘナタトゥーでも本物のでも しないほうがいいね。芸能人にも居るけどカッコイイ!と勘違いしてるんだね。キ⭕⭕ク夫妻とかねぇ(笑)

    4
  • 匿名さん 通報

    所詮周りに言われて止めるくらいの信念なのでしょう。だいたいそもそもヒンドゥー教でもないのにましてや消えるようなものだし、何かキリスト教でもないのに教会で結婚式みたいな愚かしさがありますね。

    0
この記事にコメントする

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月8日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。