山崎賢人『劇場』での色気がたまらない。イケメン枠→演技派への軌跡

山崎賢人『劇場』での色気がたまらない。イケメン枠→演技派への軌跡
(写真:『劇場』公式サイトより)
 どうみても痛くて情けなくて面倒な男。しかも汚い。なのに色気がある。現在、Amazonプライム・ビデオと映画館で同時配信、公開中の映画『劇場』に主演している、剥き出しの山崎賢人(25)が、たまらなく魅力的だ。2010年に俳優デビューを飾り、11年目を迎えた今、役者としての評価を自らの力で引き寄せている。

◆そこに、不器用で面倒くさい生身の男がいる

 又吉直樹の恋愛小説を、山崎と松岡茉優の共演により、『真夜中の五分前』『ナラタージュ』の行定勲監督が映画化した本作。タイトルの通り、演劇を題材に、上京して劇団を旗揚げした主人公の永田(山崎)と、彼を支え続けた恋人・沙希(松岡)の時間を映していく。

 眩しく美しい恋愛ものではない。永田は、表現者としてのプライドばかりが強く、嫉妬や挫折への恐怖を内に抱えた不器用な男で、かなり屈折した“面倒くさい男”。そんな永田を、無精ひげを生やした髪の毛もぼさぼさの山崎が演じているわけだが、本作を観ての驚きは、いわゆるイケメンの山崎が、こうした見た目の主人公に挑戦したそのことではなく、永田という生身の男の匂いや空気が伝わってくる凄さ。そう、本作の山崎は青年ではなく、男なのだ。

◆まとう空気の変化を感じさせた『一週間フレンズ。』

 2011年、初めての映画『管制塔』から、主演を務めていた山崎(橋本愛とのW主演)。同じく橋本とW主演を務めた翌年の『Another』などを取ってみても、もともと初期の山崎は、その後のイメージとなる“キラキラ”ではなく、どこか影ある雰囲気を持った少年だった。だがその後、壁ドンブームを巻き起こした『L・DK』や『ヒロイン失格』『オオカミ少女と黒王子』などが続き、“キラキラ”青春映画の山崎のイメージが定着していく。

当時の記事を読む

女子SPA!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月10日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。