モテ男と結婚したら、結婚式の当日に女と…。離婚してわかった失敗原因

モテ男と結婚したら、結婚式の当日に女と…。離婚してわかった失敗原因
 恋愛や結婚に、万人にあてはまる成功法則があるわけではない。ただ、「この結婚、失敗だった」と思っている女性たちの話には、きっと参考になるポイントがたくさんあるはずだ。

 今回は、モテる男性を自分のものにしたいと頑張って結婚したものの、不倫されて離婚した女性に話を聞いた。

◆モテる彼を自分のものにしたくて

 モテる男性から「つきあってほしい」と言われると、女性としては舞い上がりがちだ。社会的地位、財産がある男性でも同じこと。つまり、他より秀(ひい)でた男性に求められる自分もまた、他の女性より秀でていると思えるからだ。

「私がいたのは女性が多い職場でした。女性10人に対して男性1人くらいかなあ。ま、上層部は男性も多かったですが、現場はそんな感じでした」

 アサヒさん(35歳)は28歳のころ、女性6人を束ねるチームリーダーに抜擢された。その上司となったのが3歳年上のショウタさんだった。彼は他の営業所から異動してきたのだが、モテると社内中で噂だった。

「かっこいいんですよ、本当に。顔もいいしスラッとしていて。学生時代はずっとテニスをしていていい成績も残していたようです。女性の扱いにも慣れているようで、私たちのチームも一気に活気づきました」

 アサヒさん自身は、彼に個人的な興味はなかった。モテる男は、実際つきあうと、きっと性格も悪くて一緒にいてもおもしろくないと思い込んでいたのだ。

「ところが一緒に仕事をしてみると、判断は早いし行動力もある。信頼できる上司だと感じました。私がチーム内の意見統一が図れずに困っていたときも、親身になって相談に乗ってくれた。だんだん個人的にも惹かれていったんです。こういう男性に惹かれても恋に発展などするはずはない、私はきれいじゃないしといじけていました」

当時の記事を読む

女子SPA!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「結婚」に関する記事

「結婚」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「結婚」の記事

次に読みたい「結婚」の記事をもっと見る

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月17日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。