ネットで噂「乳首をピンクにする海外製クリーム」の危険性|皮膚科医に聞く

ネットで噂「乳首をピンクにする海外製クリーム」の危険性|皮膚科医に聞く
写真はイメージです(以下同)
 今SNS上で、海外製品の「メラケアクリーム」という医療用クリームが“乳首がピンクになる”と話題になっています。利用者のコメントには「ピンクを通り越して乳首が消えた!」などと、ありえない絶賛の声も散見されますが、本当に効果があるのでしょうか?

 また、乳首の色が消える(?)くらいの薬品を、個人がインターネットなどから購入して使用することに問題はないのでしょうか?

 そこで、銀座ケイスキンクリニック院長の慶田朋子先生に、「乳首がピンクになるクリーム」の危険性についてお聞きしました。

◆「乳首がピンクになるクリーム」の使用はすぐやめて!

「メラケアクリーム」は海外の医薬品ですが、日本では医薬品の承認を受けていません。輸入元などの注意書きには、医師に相談して使うこと、副作用があることが書いてあります。ですが個人で使う人が多いのが現状です。また偽物が出回っているリスクもあります。

 パッケージを見ると、メラニンの合成をブロックする働きを持つ〈ハイドロキノン〉、肌のターンオーバーを上げる〈レチノイン酸〉、抗炎症薬である〈ステロイド〉といった成分が主になっていることが分かります。

 ただ、慶田先生は個人の使用に警鐘を鳴らします。

「ハイドロキノンは、日本では医療機関が処方する決まりになっている成分です。また、レチノイン酸はシミのレーザー照射後のアフターケアや美白目的で使われる成分ですが、肌に塗るとカサついてヒリヒリすることから、医師側で塗る回数を調整しながら使うものなので、セルフで使うには強すぎる成分です」(コメントは慶田朋子先生、以下同じ)

当時の記事を読む

女子SPA!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月21日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。