ジャニーズWEST・小瀧望が「エレファント・マン」を熱演、進化が止まらない

ジャニーズWEST・小瀧望が「エレファント・マン」を熱演、進化が止まらない
       
<ジャニヲタ歴20年・みきーるのJ-ウォッチ>

 ジャニーズWESTの小瀧望さんが、役者としてさらなる成長を遂げています。小瀧さんは現在、舞台「エレファント・マン THE ELEPHANT MAN」に主演中。異形の容姿に天使の心を宿した青年=ジョン・メリックを演じています。

◆どんな物語?

 同作は実話をもとにした作品で、その姿からエレファント・マン(象男)として見世物にされていたメリックが、人のやさしさとおぞましさに触れながら「(普通の)人間らしく生きたい」という思いを募らせていく物語です。

“普通と異なるメリックの姿をどう表すか?”が、最初の関門。

 美貌弱者という絶望を負い、回復したはずの人としての関係も、実はやはり容貌マウンティングを隠した見せかけだったこと。

 誰もが心の醜さと清らかさを終始問いかけられ、ただひとりメリックのそれだけが、揺るがずに美しい。――その切なさを抱いた姿をどう見せるか?

◆特殊メイクはなし、身一つで挑む

 劇中でも「どうせ作りものだろう」と揶揄されていますが、絵の具や紙粘土で“醜さ”を表したのなら、がっかりはせずとも“そうなったのか”という淡々とした感想をもったはず。

 しかし小瀧さんはメイクや特殊技術の力を借りず、その壮絶な表現力のみでエレファント・マン=ジョン・メリックの哀しい姿を我が身に描いてみせました。

 184㎝の長身と端正な顔立ち。よく通る朗々とした声。役者として大いなる武器であるそれらを封じ、重たげな頭部、傾いだ姿勢、引きつれて歪んだ唇、くぐもった声のメリックを“演じる”のではなく、小瀧望という核から芽吹かせ、生やし、“同化”したとしか思えない凄まじい業(わざ)。彼本来の美しい姿は、そのままメリックの聖なる心とも見てとれます。

当時の記事を読む

女子SPA!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月12日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。