ダイソーと無印の「洗顔ネット」を比較、たった10円差なのに全然違った

ダイソーと無印の「洗顔ネット」を比較、たった10円差なのに全然違った
ダイソーと無印の洗顔ネットで泡立てた泡
       
 コスメコンシェルジュのやむです。これまで洗顔泡を手のひらで一生懸命泡立てていた私ですが、洗顔方法の見直しと同時に泡にこだわろうと思い立ち、洗顔ネットを使うことに。

 洗顔ネットを使う前は「乾かすのが面倒くさい」と、使うことを避けていました。しかし、実際に使ってみると、手で泡立てる泡とはくらべものにならない濃密な泡を作ることができるおかげで、肌状態の良さにもつながっています。

 この記事では、実際に使ったダイソーの洗顔ネットと無印良品の洗顔ネットの特徴や違い、どちらをおすすめするのかについてご紹介します。

◆せっけん洗顔をしている方におすすめ<ダイソーの洗顔ネット>

 ダイソーの洗顔ネットはさまざまな種類があったので、網目が細かく使い勝手の良さそうな「ソープホイッパー洗顔石鹸専用」110円(税込)を選びました。洗顔石鹸専用とありますが、一般的な洗顔料でも問題なく泡立てられます。

 特徴は石鹸をネットの中に収納したまま、吊り干しができるところ。固形石鹸はせっけん置きを使うのが基本ですが、せっけんの裏側がヌメッとしたままになるので、いつも気になっていました。

 ダイソーの洗顔ネットを使えば、洗顔後にサッと水洗いした後、そのまま干すことができ、洗面台のスペースを取らないところがうれしいですね。

 せっけんを入れた状態でも、ネットの下にゴムがあり口が絞られているので、せっけんが落ちてしまう心配もありませんよ。

当時の記事を読む

女子SPA!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月19日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。