宇多田や松田聖子をカバー、エレカシ宮本浩次の傑作がチャート1位に

宇多田や松田聖子をカバー、エレカシ宮本浩次の傑作がチャート1位に
宮本浩次『ROMANCE』Universal Music
       
 4人組ロックバンド「エレファントカシマシ」のボーカリスト、宮本浩次(54)が絶好調です。宇多田ヒカル(37)、松田聖子(58)、中島みゆき(68)など女性アーティストのカバーアルバム『ROMANCE』(11月18日リリース)が、ビルボード、オリコンのそれぞれでアルバムランク1位に。バンド、ソロを通じて自身初のことなのだそう。

 『スッキリ』(日テレ)、『ヒルナンデス!』(日テレ)、『あさイチ』(NHK)などの情報番組にも積極的に出演し、プチブーム状態になっています。

◆すべて女性が歌った名曲のカバーに感動

 エレカシ時代から、「悲しみの果て」(1996年)や「今宵の月のように」(1997年)などのヒット曲を持っていましたが、近頃のウケ方は、その頃とは少し違うように感じます。

 男臭く骨太なバンドサウンドを全面に押し出したエレカシのヒットが太い音が持つ説得力によるものだとすれば、女性の曲を歌う宮本浩次の人気は、視覚と情緒に訴えかける、より総合的なアプローチの成功例なのではないでしょうか。

 とはいえ、宮本自身のパフォーマンスやキャラクターに、大きな変化が見られるわけではありません。ステージを縦横無尽に動き回り、裏声と地声の境界線で、際どいシャウトを連発する。歌番組で披露した「ロマンス」(岩崎宏美)や「異邦人」(久保田早紀)なども、変に曲におもねっていませんでした。アレンジに合わせて、トーンとテンションは落としつつも、朗々と荒ぶる宮本浩次の歌に昇華していた。
女子SPA!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月3日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。