30すぎて発達障害とわかった私が、治療で“ましになった”話/漫画家・カレー沢薫

『負ける技術』などのコラムや、30代からの終活を描く漫画『ひとりでしにたい』が文化庁メディア芸術祭優秀賞受賞した、人気の漫画家・コラムニストのカレー沢薫さん。

 新しく上梓したコミックエッセイ『なおりはしないが、ましになる』では、自身の発達障害を描いて話題です。

 片付けが苦手、一つのことしかできない、相手の顔を覚えられない、空気が読めないなど、様々な「発達障害」にまつわる悩みや、検査、通院、薬、グループミーティングへの参加などが、ポップかつシュールな笑いに包まれて語られています。

 また、マンガの医療監修を担当した東京リワーク研究所の五十嵐良雄医師の「発達障害」についてのコラムも掲載され、より詳しく知ることができます。

 カレー沢薫さんに、自作を解説してもらいました。

(以下、カレー沢薫さんの寄稿です。)

◆発達障害と診断されたのは三十代も半ばになってから

「なおりはしないが、ましになる」は私の発達障害疑惑から検査、発覚、そして改善の道のりを記録したエッセイ漫画である。

 私が発達障害の検査を受け「不注意型のADHD、ASD(※)の傾向アリ」と診断されたのは三十代も半ばになってからだった。

※発達障害の種類で、ADHD=注意欠如・多動性障害、ASD=自閉症スペクトラム障害

 しかし、突然発達障害になったのではなく、生まれつきだ。

 最近よく「大人の発達障害」と言うが「大人になって発達障害になった」という意味ではなく。

当時の記事を読む

女子SPA!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月13日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。