「葉っぱ切り絵」がすごい!作者でADHDのリトさんに聞く作り方

 一枚の小さな葉っぱを切り抜いてつくる「葉っぱ切り絵」。SNSで話題の葉っぱ切り絵アーティスト・リト@葉っぱ切り絵さんの作品は、その精巧さもさることながら、まるで絵本のワンシーンのような、見る人の想像力を膨らませ、ワクワクさせてくれる世界が葉っぱの上に広がっています。

 ほぼ毎日SNSで作品を発表するたびに、リトさんのもとには「優しい世界に癒されます」「見るだけで幸せな気持ちになれます」「明日も頑張ろうという気持ちになります」など、多くのコメントが寄せられるそう。

 落ち込んでいるとき。心がモヤモヤするとき。さみしいとき。リトさんの作品集『いつでも君のそばにいる 小さなちいさな優しい世界』(講談社)をめくるたび、そこに自分だけの物語を見つけられるはず。

 本書から、リトさんが葉っぱ切り絵アーティストになったきっかけと、葉っぱ切り絵の素敵な世界をご紹介します。

◆ADHDと診断されてサラリーマンを辞める

 葉っぱ切り絵アーティストとして活動しているリトさんは、もともとサラリーマンだったそう。

「物忘れは多いわ、不器用で要領は悪いわ…。自分で自分のことが嫌いになるくらい、まったく仕事ができないダメ社員だったんです」

 そんなリトさんが、どうして今アート制作をやっているのか。そのきかっけは「ADHD(注意欠陥・多動性障害)」という言葉との出会いでした。異常な物忘れの多さや要領の悪さ、直したくても直らない自分のダメな部分は、ADHDによる先天的なものであることが判明します。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

女子SPA!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

女性コラムニュースランキング

女性コラムランキングをもっと見る
お買いものリンク