ムーミン作者を描いた『TOVE』。同性の恋人、父との確執etc.を監督が語る

ムーミン作者を描いた『TOVE』。同性の恋人、父との確執etc.を監督が語る
拡大する(全1枚)
『TOVE』より
 “ムーミン”の原作者トーベ・ヤンソンの半生を描いた映画『TOVE/トーベ』が公開中です。本作で描かれるのは、ムーミンを生んだレジェンドではなく、アーティストとして、人間として自分を確立する以前のトーベの姿。舞台監督をしていた女性ヴィヴィカとの激しい恋も描かれます。

 ザイダ・バリルート監督へのオンラインインタビューで、トーベが周囲から受けた影響について聞きました。

◆今はレジェンドのトーベも、若い頃はもがいていた

――“ムーミン”は日本でも大変人気がありますが、トーベの姿を写真で見たことはあっても、実像はあまり知られていません。フィンランドではどうだったのでしょうか。

ザイダ・バリルート監督(以下、監督)「トーベは、フィンランドでもっとも愛されているアーティストと言っていい存在ですので、作品のことはもちろん、彼女のことも知られています。しかし、そのイメージは晩年のものがほとんどです。なので、フィンランドでもあまり知られていない彼女の若い頃に目を向けようと思いました。いわゆるレジェンドというところは少し横に置いて、アーティストとして、人間としてアイデンティティとまだ格闘しているトーベです」

――トーベがアーティストとしてあれほどもがいていたのは意外でしたが、何か嬉しかったです。

監督「敬愛しているからこそ、彼女をよりヒューマンに描きたいと思いました。台座にいるようなトーベではなく、ちょっと降りてきてもらって、観る人に身近に感じて欲しいと。彼女だって若い頃はこんなにもがいていたのです」

あわせて読みたい

女子SPA!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク