吉高由里子のサスペンス『最愛』が「今期イチ面白い」と言われるわけ

初回放送以来、SNSでも話題沸騰で「今期イチ面白い!」という声も多い秋ドラマ『最愛』(TBS系、毎週金曜夜10時~)。吉高由里子が殺人事件の重要参考人を演じるサスペンスラブストーリーで、5日に第4話が放送されますが、ここからがいよいよ本番というところ。観ていないという人は、4話から観始めてもまだ追いつけます!

主演の吉高由里子と、若手俳優のなかでも注目株の松下洸平、幅広い役柄を演じ魅了する井浦新の三角関係と、連続殺人事件とが交錯する本作。それぞれの想いや背景が少しずつ見え、ここから一気に展開が加速しそうです。今回は「これさえ押さえておけばまだ間に合う! 人間関係とあらすじ」に加え、作品の魅力と見どころをご紹介します。

◆吉高由里子と松下洸平、初恋が実ったその日に悲劇が

連続殺人事件の重要参考人となった実業家・真田梨央(吉高由里子)、梨央の初恋の相手で事件の真相を追う刑事・宮崎大輝(松下洸平)、会社の弁護士として梨央を支える弁護士・加瀬賢一郎(井浦新)の3人を中心に展開する『最愛』。第3話までの流れを簡単にご紹介します。

物語のはじまりは、15年前の岐阜県。記憶障害をもつ弟・優(異母兄弟・当時小学生)のために東京の大学の薬学部への進学を希望する高校3年生の梨央と、梨央の父(光石研)が寮夫を務める白山大学陸上部で、エースとして活躍する大輝の微笑ましい初恋が描かれます。

ところが、ふたりの想いが重なりあったその日の夜に悲劇が……。父も大輝もいない寮に、薬学部の大学院生・康介(朝井大智)が遊びに来ます。その目的は、寮生とのドラッグパーティであり、クスリを使わせた女性に乱暴することでした。深夜に梨央が目を覚ますと、体には覚えのない傷があり記憶があやふや……そこには血のついた服と、いつもと違う様子の父。困惑しているうちに、父がくも膜下出血で急死してしまいます。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

女子SPA!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

女性コラムニュースランキング

女性コラムランキングをもっと見る
お買いものリンク