おにぎりが絶品ヘルシーになる「オートミール」を発見!開発者にいろいろ聞いてみた
拡大する(全1枚)
ベイクドオーツを混ぜ込んだおにぎり
 ポイントは、脱・優等生。

 ここ数年、健康的な朝ごはんとしてますます注目されているのが、「オートミール」。今やどこのスーパーに行っても見かけるようになっています。オートミールを取り入れた食生活をしている芸能人やユーチューバーも多く、ローラ、指原莉乃、なかやまきんに君などがオートミール好きを公言しています。

 オートミールとは、イネ科のオーツ麦(えん麦)を蒸してローラーでフレーク状にした食品のこと。栄養バランスに優れた穀物であるオーツ麦を、食べやすさと消化しやすさを考慮して加工されたシリアルの一種です。実際に食べてみると、決してまずいわけではないのですが、独特の風味が苦手という人や、ごはんやパンに比べて物足りないと感じてしまう人もいるようです。どうにかしておいしく上手に工夫することはできないのでしょうか?

 そこで今回は、オートミールを定番のグラノーラやシリアル並みに食べやすくするために、“焼く”という手法を取り入れた新商品「ベイクドオーツ」を開発したカルビー(株)に、「オートミールをおいしく無理なく続けるための秘訣」について取材することに。それをふまえて、私が発見した“超ウマおにぎり”のレシピをご紹介したいと思います。

◆おしゃれそうに見える「オートミール」、実は食べにくい!?

 オートミールに使われるオーツ麦の栄養的メリットは、ズバリ2つ。豊富な食物繊維と穀物の中ではたんぱく質含有量が優位である(小麦の1.65倍、白米の2.25倍)点にあります。しかも、消化しやすいように加工されているわけですから、シリアル類の中ではかなり魅力的。しかしながら、やや独特の風味が気になって食べにくいという声も聞こえてきます。