ジュディ・オングさん、龍応台文化部長を表敬訪問

ジュディ・オングさん、龍応台文化部長を表敬訪問
(台北 5日 中央社)「絵を描いていると自由を感じられる」と語る台湾出身で日本在住のタレントで版画家のジュディ・オング(翁倩玉)さん。彼女の版画展「無限-倩玉的版画世界」がこの3日から台北の国父紀念館で開催され、初期作品から最新作まで70点近くが飾られており、彼女の30年余りの創作の足跡をふり返ることができる。

版画展開催にあたって現在来台しているジュディさん(左)は4日、文化部の龍応台部長(右)を表敬訪問、女流作家でもある龍部長とジュディさんは親しく語りあった。龍部長はジュディさんの祖父が辛亥革命に参画した抗日台湾人であることに触れ、またジュディさんも小さい頃から家庭で台湾語や台湾料理に親しんできたことなどを語った。

ジュディさんはまた、「ドラマや歌は作り上げるまでにスタッフらの協力が必要ですが、版画はひとりの自由な世界です」と語り、創作の最大の楽しみは「孤独の中の興奮」を味わうことだと述べた。

花や日本の家屋を作品の中に多く取り入れているジュディさんはしばしば日展に入選、入賞回数は8回に上る。2003年には宇治の平等院鳳凰堂をテーマとする作品が入選し、2005年に奉納されて同寺院で初めての外国出身者作品の収蔵となった。

ジュディさんの台北での版画展は24日まで。また高雄でも10月27日~11月21日に高雄市文化センター至上館で開催される。

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年10月5日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。