馬総統、クリスマスイブの願いは「憂から優へ」

馬総統、クリスマスイブの願いは「憂から優へ」
(高雄 25日 中央社)クリスマスイブのきのう24日夜、馬英九総統は高雄市で行われた教会主催のミサに参加し、台湾の今年1年を表す漢字は「憂」だったが、これが「優」に変わっていくよう努力したいと誓った。

「聯合報」などが一般からの投票を元に毎年末に発表している、その年1年間を表す漢字は、今年は長引く不景気などによる先行き不安を反映し「憂」の1文字が選ばれた。馬総統は、困難をものともせずに愛のために力を尽くした宣教師たちの精神にならい、政府と国民が一体となってこれを「優」に変えていこうと呼びかけた。

同じ時刻、教会の共催で1000人規模のミサが行われた新北市では中継で高雄の会場とつなぎ、馬総統のクリスマスイブのメッセージ(写真)が新北でも流された。

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2012年12月25日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。