空の旅で本場台湾の味を 中華航空、2月に新メニュー

空の旅で本場台湾の味を  中華航空、2月に新メニュー
(台北 25日 中央社)チャイナエアライン(中華航空)は25日、来年2月から、台湾各地のご当地グルメを同社の北米、欧州、ニュージーランド、オーストラリア、中国大陸、北東アジア路線のエコノミークラス機内食に導入すると発表した。

外国人旅行客に、空の上でより快適な台湾の味を楽しんでもらいたいと、チャイナエアラインは今回初めて、エコノミークラスの機内食メニューを大々的に一新。台湾の名シェフ4人が、台湾各地の特産品を題材に得意料理をアレンジした。

新メニューは、「三杯鶏腿飯」(台湾バジルと醤油味の鶏肉ご飯)、「猪脚花生飯」(豚足とピーナッツご飯)、「西魯肉麺」(豚そぼろ麺)など、わざわざ飛行機に乗ってでも味わいたい本場の味が目白押し。

宜蘭の新生姜や花蓮のかぼちゃ、新竹のビーフン、南投のしいたけ、嘉義のさつまいも、屏東のサクラエビなど各地の一流素材がふんだんに使われており、機内食だけで台湾一周の気分が味わえそうだ。

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2012年12月25日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。