台湾の民間団体、スー・チー氏に訪問要請

台湾の民間団体、スー・チー氏に訪問要請
(台北 24日 中央社)台北市に本部を置く世界自由民主聯盟総会の饒穎奇会長は23日、ミャンマーにおける民主主義発展への貢献を称えるため、同国の民主化の象徴であるアウン・サン・スー・チー氏に「自由民主賞」を授与する計画があると明らかにした。聯盟ではスー・チー氏を台湾に招きたいとしているが、まだ交渉の段階だという。

同団体は1954年、当時の蒋介石総統らの提唱で発足した「アジア人民反共聯盟」が前身。世界の民主化と人権状況に強い関心を示しており、これまでにチベット仏教の最高指導者、ダライ・ラマ14世や中国大陸の反体制活動家、魏京生などの台湾訪問を実現させた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2013年1月24日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。