孔子も涙、子孫が逮捕 若者のケタミン乱用深刻=台湾

孔子も涙、子孫が逮捕  若者のケタミン乱用深刻=台湾
(台北 27日 中央社)古代中国の思想家、孔子の76代目の子孫が25日、違法薬物のケタミン使用で逮捕された。 “孔少年”は警察に対し、「俺は孔子の家系だ、すごいだろう」などと話したという。聯合報が26日付けで伝えた。

17歳の孔少年は25日夜、仲間十数人とモーテルでケタミンを使用、うち1人が錯乱し2階の窓から外に飛び降りたため通報され、薬物パーティーが発覚した。少年は得意げに、祖父は毎年中国大陸の孔子生誕記念祭にも行っているが、自分は孔子には何の感情もないなどと話したが、少年の父親は、「祖先に申し訳が立たない」と怒りをあらわにし、息子に重い罰を与えるよう求めたという。

主に動物用の麻酔薬として使われるケタミンには幻覚作用があり、台湾の危険薬物取り締まり法で3級危険薬物に指定されている。1級指定のヘロインやコカイン、2級指定の覚せい剤や大麻に比べ“ライト”なイメージで、値段も1グラム数百元と手軽なため、カラオケボックスやインターネットカフェ、パブやダンスクラブなどで近年若者の間に急速に拡大、2006年から毎年、検挙薬物のトップとなっている。

中毒になり購入費工面のため更なる犯罪に手を染めるケースは後を絶たず、膀胱縮小の副作用で大人用オムツを手放せなくなった事例が相次いで報告されるなど、ケタミン乱用は深刻な社会問題となっており、行政院では17日、教育現場での呼びかけやより効果的な検査方法などを通し、浸透を食い止めるよう指示を出したばかりだった。

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2013年1月27日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。