台湾で法華経の特別展

台湾で法華経の特別展
(台北 27日 中央社)仏教の最も有名な経典の一つと言われる「法華経」に関連する特別展が27日から台北市内の至善芸文センターで始まった。

展示は、各国語での写本や敦煌壁画に関連する資料、仏教の歴史の解明に欠かせない紀元前の建立とされるアショーカ王の柱に関する文物、法華経の関連資料など合計130点以上。

法華経のが伝わった経路やその啓示のほか、日本の平安朝の生活様式を反映した仏教装飾なども紹介されている。

日本東洋哲学研究所と台湾創価学会の共催によるもので、主催側はこの展示を通じて、法華経の歴史と奥深さを伝えたいと話している。日本以外での展示は初めてとのことで、公開は3月30日まで。

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2013年1月27日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。