日本野鳥の会、金門でバードウォッチング「毎年来たい!」=台湾

日本野鳥の会、金門でバードウォッチング「毎年来たい!」=台湾
(金門 18日 中央社)日本野鳥の会が17日、台湾の金門島を訪れ、湖畔でバードウォッチングを行った。中国大陸沿岸に近い金門は野鳥の種類が豊富で、一行は「野鳥観測のパラダイス、何度でも来る価値がある」と大絶賛した。

金門は渡り鳥が南北に移動する際の中継地で、台湾本島では観測された記録のないシキチョウやハリオハチクイ、または本島では珍しいとされるヤツガシラなど、計300種類が登録(今年3月4日時点)されており、特に金寧郷・慈湖と烈嶼郷・陵水湖では最も多種多様な鳥を観測できるという。

2泊3日の野鳥鑑賞ツアーで16日金門入りした日本野鳥の会大阪支部一行20人は、金門固有種のハリオハチクイなどをメインに観測した。団長を務める橋本正弘氏は、日本ではハリオハチクイのような美しい鳥を見ることは難しく、またヤツガシラの大群が訪れるなど金門の生態保全は素晴らしいと興奮気味に感想を語り、これからも何度でも鑑賞に来たいと話した。

野鳥の会では昨年6月にも金門バードウォッチングツアーを開催、野鳥の種類の多さに魅せられ、2度目の金門行きとなった。今後は、毎年夏と冬の2回、金門での野鳥鑑賞ツアーを続けて行きたいとしている。

今回の金門ツアーを担当した旅行社によると、東日本大震災で台湾から大きな支援が寄せられたことで台湾への関心が高まり、感謝を伝えたいと様々な台湾ツアーを組む動きが日本全国に広がっているという。

(編集:荘麗玲、高野華恵)

当時の記事を読む

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年6月18日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。