4回連続「一番好きなのは日本」/台湾世論調査

4回連続「一番好きなのは日本」/台湾世論調査
(台北 28日 中央社)日本の対台湾窓口、交流協会が毎年台湾で行っている世論調査の2012年版が発表された。「最も好きな国」で日本は2008年の調査開始以来ダントツ1位を維持、65%が日本に「親しみを感じる」とするなど、台湾の変わらぬ親日ぶりを示す結果となった。一方、「最も旅行したい国」では日本はやはり4回連続1位だが、支持率は低下傾向にあるようだ。(2010年度は実施なし)

調査はリサーチ大手のニールセンが請け負い、今年1月11日~27日まで電話とインターネットの併用で行われた(有効回答1002人)。

「最も好きな国」は日本が前回から2ポイント増の43%、7%で同率2位のアメリカ、中国大陸などを大きく引き離している。「日本に親しみを感じるか」については、台湾からの大きな支援が話題となった東日本大震災のあった2011年度よりも10ポイント減り65%だったが、2009年の62%を上回っている。

現在の台日関係についても、「よい」が33%で、特に高かった2011年度の53%を除けばこれまでで最も高い。「悪い」は7%、「どちらとも言えない」が59%だった。今後の台日関係では、50%が「発展する」と楽観しているが、「悪化する」は11%で前回より7ポイント増加した。

「旅行したい国」では日本が38%で1位だが、2009年までの44%から下がっており、当初は12ポイントの開きがあったヨーロッパが34%で2位に迫っている。「今後親しくすべき相手」では、中国大陸と日本が4回連続でそれぞれ1位と2位。

40歳以前の年齢層では特に日本に好意的な意見が目立っていた。

調査結果の詳細は交流協会のホームページで公表されている。<http://www.koryu.or.jp/ez3_contents.nsf/Top>

(編集:高野華恵)
フォーカス台湾の記事をもっと見る 2013年6月28日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。