日台の元政府関係者、早大講演会で日中の関係改善呼びかけ

日台の元政府関係者、早大講演会で日中の関係改善呼びかけ
(東京 11日 中央社)日本の早稲田大学で10日、「東アジアの平和的発展を求めて~日台による新視点からの提言~」と題した特別講演会が行われ、台湾の元経済部長(経産相)で対中国大陸窓口、「海峡交流基金会」前理事長の江丙坤氏と、日本の前駐大陸大使の丹羽宇一郎氏は、釣魚台(日本名:尖閣諸島)問題で悪化した日中関係の改善と修復を呼びかけた。

江氏は今回、財界団体「台湾三三企業交流会」のトップとしてシンポジウムに参加、釣魚台問題をめぐる日中の対立について、「(台湾としては)対話を通じた問題の平和的解決で関係が修復され、共にアジア全体の発展の牽引役になってほしい」との期待を表明した。

丹羽氏は、「40年で最悪の状態にある」として日中関係の現状に懸念を示し、指導者同士が相手への武力不行使を保証することなどを提案した。

また、安倍晋三首相がテレビ番組の中で「中国は尖閣で歴史認識問題を活用している」との見方を示していることについては、日中とも大局的見地から問題に対処し、相手を刺激するような発言を控えるよう希望した。

【写真】 10日早稲田大学の講演会で握手を交わす江丙坤氏(右)と丹羽宇一郎氏

(楊明珠 / 編集:羅友辰)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2013年7月11日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。