「引退などまだずっと先のこと」 ジャッキー・チュン、52歳の誕生日

「引退などまだずっと先のこと」  ジャッキー・チュン、52歳の誕生日
(台北 11日 中央社)デビューして30年近く、「吻別」などで1990年代、台湾でも注目を浴び人気を博してきた香港の歌手で俳優のジャッキー・チュン(張学友)が2010年から昨年5月にかけて行ったワールドツアー、「1/2世紀演唱会」のライブの模様がCDとDVDになることが決まった。発売予定が決まり次第、台湾でのPRも行われる見込み。

ジャッキーは1990年代からアンディ・ラウ(劉徳華)、アーロン・クォック(郭富城)、レオン・ライ(黎明)とともに“四大天王”と呼ばれ、歌に映画に大活躍。1990年、ツイ・ハーク(徐克)監督の「笑傲江湖」に出演し台湾・金馬奨の最優秀助演男優集を獲得して注目を浴びた。CD売り上げは2000年当時累積で6000万枚を突破し、同年の米タイム誌でアジアで影響力のある50人の1人に選ばれている。

1990年代初めには台湾のハーレム・ユー([广/臾]澄慶)の「讓我一次愛個[多句]」のほか、玉置浩二の「行かないで」、サザンオールスターズの「真夏の果実」、前田亘輝「泣けない君へのラブソング」などのカバーのほか、代表曲の「吻別」、「祝福」などが人気を博し、その圧倒的な歌唱力で“歌神”と呼ばれてきた。

俳優としては映画「笑傲江湖」、「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー3」、「欲望の翼」、「楽園の瑕」に始まり、「ベルベット・レイン」、「ウィンター・ソング」など数多くの映画に出演、また、1997年からは香港で広東語によるミュージカルを手がけている。

この7月10日、52歳の誕生日を迎えたジャッキーは、引退など当分考えられないとし、「60歳、あるいは70歳になっても、ファンが応援してくれる限り歌い続ける」と語った。

(写真提供=環球唱片)

(編集:谷口一康)
フォーカス台湾の記事をもっと見る 2013年7月11日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。