台湾、グーグルと協力で災害情報サービス開始 日本に次いでアジア2番目

台湾、グーグルと協力で災害情報サービス開始  日本に次いでアジア2番目
(台北 11日 中央社)中華民国(台湾)政府が米グーグル社と協力して立ち上げた台湾版「グーグル・クライシス・レスポンス」は10日から利用可能となり、スマートフォンなどで台湾の最新の災害情報を得られるようになった。

グーグルによる災害情報のサービス提供は、アジアで日本に次いで2番目。タブレットPCなどモバイル端末でTaiwan Crisis MapやGoogle Nowなどのツールを利用すれば、中央気象局や経済部水利署などの発表する台風、雨、土石流、浸水状況、河川水位についての最新情報をいつでもどこでも手に入れることができるという。

(編集:羅友辰)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2013年7月11日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。