台湾・高雄に巨大アヒルの縮小版お目見え、シャッター音しきり

台湾・高雄に巨大アヒルの縮小版お目見え、シャッター音しきり
(高雄 4日 中央社)行く先々で注目を集める黄色いゴム製の巨大アヒルが今月中旬から高雄にお目見えするが、アヒル到来の経済効果を見込んで同市政府庁舎の中庭で3日、本物に先立って“縮小版”アヒルが登場した。

高雄市の光栄埠頭には9月19日~10月20日にオランダの芸術家、フロレンティン・ホフマン氏の作品で高さ18メートル、重さ1000キロの巨大アヒルが出現することになっており、観光客300万人の誘致と10億台湾元(約33億円)に上る経済効果が見込まれている。

この日、本物の10分の1の大きさの縮小版が公開されるやカメラのシャッター音が嵐のように響き、子どもたちはミニ・アヒルを抱きしめては「黄色いアヒルちゃん!」と興奮気味に叫び、喜びを隠せない様子だった。

巨大アヒルの人気に乗じて高雄メトロやクルーズ船運営会社など各業者がアヒルが主人公の乗車券発行やアヒル見物プランなどを相次いで打ち出し、地元に1人でも多くの観光客を呼びこもうと意気込んでいる。

(編集:荘麗玲)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2013年9月4日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。