台湾鉄道観光列車、新コースに「亀山島」、「金城武の木」を追加

台湾鉄道観光列車、新コースに「亀山島」、「金城武の木」を追加
(台北 4日 中央社)台湾鉄路管理局が打ち出している人気の観光クルーズ列車は、今年10~12月の行程に人気の亀山島と、タレント金城武のCMで一躍有名になった台東のロケ地が加わることになった。

台鉄とインターネットサイトの協力で運行されているクルーズ列車はシーズン毎に特色あるツアーとなっているが、一度列車に乗ってしまえば様々な名所を気楽に訪れることができるとして毎回予約が殺到、今年1~6月にかけての平均利用率は89%、乗客の満足度は94%だった。

台鉄では今年第4シーズンのクルーズ列車として3本を運行、その行程には新たに北東部・宜蘭県の亀山島一周と、タレントの金城武を起用して航空会社CMに使われた台東県池上の伯朗(ブラウン)大道(=写真)を訪れるツアーが加わる。いずれも1泊2日で交通費・食費・宿泊費・観光代を含み、ガイド・解説つきで4350~4950台湾元(約1万4600~1万6600円)。

クルーズ列車の日程は10月5日中部発の便は東北角海岸の自然観賞、遊覧船に乗っての亀山八景見学の後、五峰旗瀑布、侯ドウの炭鉱博物公園、神社跡、猫村を訪れる(ドウ=石へんに同)。11月9日北部発は侯ドウの各地を参観の後、新光兆豊農場や小天祥の名で知られる景勝地、慕谷慕魚生態ギャラリーをめぐり、冬山駅で全台湾で最も美しいとされるプラットホームを見学、礁渓温泉でくつろぐ。12月28日の便も北部出発の日程。宜蘭ではティウティウタンの森、ジミー広場を、台東・池上では大坡(は)池、伯朗大道、関山お米の国を訪れ、植物園を参観、鹿野龍田村でサイクリングしたり道に寝そべったりして大自然を味わい冬山駅を見学する(ティウ=ノの下に去、タン=口へんに當)。

クルーズ列車の予約受付は5日午前9時から。

(編集:谷口一康)
フォーカス台湾の記事をもっと見る 2013年9月4日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。