幸福な農民の暮らし描くドキュメンタリー展開催/台湾・雲林

幸福な農民の暮らし描くドキュメンタリー展開催/台湾・雲林
(雲林 20日 中央社)雲林県政府は17日、「甜度12」特別映像展を開催、「2013雲林農業博覧会」を今年12月25日~来年3月6日にひかえ、地元農民を取材したドキュメンタリーによって雲林の土の匂いを伝える試みを行う。

雲林県はこれまで国内の映画監督6人を招いて現地に半年間住んでもらったが、制作グループは100人以上の農家を訪ねて錦鯉の養殖や蘭の花の栽培の様子を記録、一連の取材やインタビューを基にドキュメンタリーやドラマなど様々な手法で完成させた。作品は「甜度12」としてコーヒー、農園、トマト、からすみ、養豚、有機農業、うなぎ、サツマイモなど雲林農業の様々な顔を映像に収め、「雅、執、伝、親、錦、喜、楽、信、夢、永、実、享」の12のテーマにまとめられた。

蘇治芬・雲林県長は作品には昔ながらの農業の価値に加えて、勇気、若さ、革新、楽観、科学技術といった要素が含まれ未来志向の精神がうかがえると述べた。また、雲林の素朴さと将来を示す感動的なストーリーを観れば、農業博も決して派手さや商業主義に走ってよいものではないと理解でき、ちょうど映画の中に出てくる孫がトマトを持ち帰っておばあさんに食べてもらうシーンのように、平凡で質素な生活こそ大切にしなければと指摘した。

蘇県長は「甜度12」は特に農村の村民を俳優に起用しており、サクセスストーリーによる農業プロパガンダではないと強調、数々の小さな所から農業全体の方向を見渡そうというもので、農業を身近に感じてもらい、雲林の土地と暮らし、すばらしい未来を約束するものだと述べた。

県では雲林農博公式ウェブサイトや LINE、youtubeでも関連情報を提供している。

(写真提供:雲林県政府)

(編集:谷口一康)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2013年9月20日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。