大型で強い台風19号接近 台湾、海上・陸上警報発令

大型で強い台風19号接近  台湾、海上・陸上警報発令
(台北 20日 中央社)猛烈に発達した大型の台風19号について中央気象局は20日午前8時30分に海上・陸上警報を発令した。今後は台湾南部の海上を通過、さらに上陸する可能性もあることから各地での警戒が呼びかけられている。

台風19号は20日午後2時現在、台湾最南端・鵝鑾鼻の東南東約440キロの海上を時速18キロメートルの速さで西北西に進んでおり、中心気圧は910ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は55メートル、瞬間最大風速は68メートル。

花蓮、台東、南投、嘉義、台南、高雄、屏東、恒春半島、離島の緑島、蘭嶼、バシー海峡、台湾南東部・北東部の海上、台湾海峡などが警戒区域として挙げられており、これら海域を航行する船舶は厳重な注意が必要。

台風の影響で20日午後から21日午後にかけて北部・中部・南部で大雨になる恐れがあり、気象局では土砂崩れや落石、洪水などによる被害への注意・警戒を促した。

(台風進路予想図:中央気象局HPより)

(編集:荘麗玲)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2013年9月20日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。