台湾初の赤ちゃんパンダ、元気に成長 9月初めよりも2キロ増

台湾初の赤ちゃんパンダ、元気に成長  9月初めよりも2キロ増
(台北 1日 中央社)生後87日目を迎えた台湾初のジャイアントパンダの赤ちゃんは9月初めより体重が約2キロ増えてすでに5300グラムを上回るなどすくすく育っている。

今年7月に台北市立動物園で生まれて以来、愛くるしい姿で世界中の注目を集めてきたメスの赤ちゃんは「円仔」の幼名で親しまれている。現在は目が開き耳も聞こえるようになり、歯も6本生えたという。その姿に関心を持つファンも多く、園側では最新状況を把握できるよう円仔の写真や動画を頻繁に公開している。30日の公開分によると円仔は木の板の上でお腹をずりずりさせながらハイハイを練習中で、両足の筋肉がつけば、1カ月のうちに立ち上がれるようになるという。

動画では、円仔と同じまんまるの体を持つ希少動物・ビルマホシガメも紹介された。動物園ではこれらの画像を通じてより多くの人々に関連動物への理解を深めてほしいと希望している。名前の正式発表は26日の予定。

園側では円仔の名前を公募中。名前の投票は今月15日まで行われるが、すでに投票を終えた3万人の65%以上が幼名「円仔」に一票を投じたといい、依然最高の得票数を維持している。

(写真提供:台北市立動物園)

(編集:荘麗玲)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2013年10月1日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。