クルム伊達、初戦敗退も日台のファンから大拍手/テニス台北OP

クルム伊達、初戦敗退も日台のファンから大拍手/テニス台北OP
(台北 7日 中央社)テニスの台北女子オープンは6日、台北アリーナで4日目が行われ、シングルスでは第1シードのクルム伊達公子(43)がフルセットの末、予選スタートのロシア人選手に敗れ、1回戦で姿を消した。大方の予想を裏切った結果となったが、不惑を過ぎても活躍し続ける伝説の選手のオーラに魅せられ、日台の観客1000人以上から大きな拍手が送られた。7日付けの中国時報が報じた。

同紙は、「全豪・全仏・全英オープン(ウィンブルドン)でアジア出身の選手として初のベスト4入りを果たすもピークを迎えた1996年に現役を退き世界を驚かせた」とクルム伊達の衝撃的な引退を振り返り、また、「2008年の復帰後初めて臨んだ海外の大会はこの台北女子オープンだ」と紹介した。

今大会ではシード権を獲得した選手を対象とした本戦が5日から開催されているが、第1シードのクルム伊達は台湾の人々の温かさや小籠包(ショーロンポー)が大好きとのことで本戦開始の約1週間前に台北入りしたという。

クルム伊達はダブルスの試合にも中国大陸の選手とのペアで出場したが、5日に土居美咲と台湾の謝淑映のペアに負け初戦で敗退した。これについて本人はブログに「大好きな場所でのシングルス&ダブルス1回戦敗退はガッカリです」と悔しさをつづった。

(編集:羅友辰)
フォーカス台湾の記事をもっと見る 2013年11月7日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。