台湾「野球の殿堂」創設へ 選手の精神、後世までも

台湾「野球の殿堂」創設へ  選手の精神、後世までも
(台北 13日 中央社)「台湾棒球名人堂協会」がきのう12日発足、台湾でようやく「野球の殿堂」創設へ向けて動き出した。顕著な活躍をした監督、コーチなど野球の発展に大きく寄与した人物の功績を称えるための「野球の殿堂」はキューバ、ドイツ、スペイン、イギリスなど世界12カ国で設置されているが、野球が108年の歴史を持ち世界ベスト4を誇る台湾で同様の制度を採るのは初めて。

「台湾棒球名人堂協会」の初代理事長を務めるのはメディア界出身の黄瑛坡氏。同氏はメディア関係者やスポーツライター、野球関係者を集めての協会結成は台湾の野球に貢献した人々に敬意を表し、先人・先輩らに生前のうちにその栄誉を受けてもらうためだとしている。

同協会では3月末までに第1回の殿堂入りを複数選出、7月末までに表彰と展示が行われる予定で、台湾の野球文化と野球人の精神の末永い伝承へ向けた取り組みがその第一歩を踏み出す。

(編集:谷口一康)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2014年1月13日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら