台湾・宜蘭に巨大木馬が登場 ギネス世界記録めざす

台湾・宜蘭に巨大木馬が登場  ギネス世界記録めざす
(宜蘭 13日 中央社)宜蘭県三星郷役場は13日、午年にちなんで製作した巨大木馬を公開した。郷内の花畑に設置し今月下旬から観光客を迎え入れる予定で、同時にギネス記録への登録をめざす。

旧正月を目前にひかえ、同郷では木工職人ら4人に巨大木馬の製作を依頼。4カ月かかって完成したものは、高さ6.5メートル、長さ8.3メートル、幅3.1メートル、重量およそ4.5トンで、黄色の外観が目を引く。通常のものと比較して約10倍の大きさに相当するという。

製作場所となった木工職人、何文彬氏の工房から1.5キロ離れた展示場所へは、20人の職員やトラクターなどによって牽引されたが、途中何度も電線に行く手を阻まれ、その都度関係者が処理したほか、三星警察署前のカーブでは“上半身”を一度解体し、花畑への到着後再度組み立てる作業が行われた。

三星郷の黄錫ヨウ郷長は、本来は幅2メートル67センチの木馬を作る予定だったが、イスラエルで製作されギネスに登録されている世界最大の大きさを超えるために急遽サイズを変更したと語り、今後改めて同記録への申請を行うという。(ヨウ=土へんに庸)

役場によると、巨大木馬は1月22日から一般に開放する予定で、同日には100人で前後に押し揺らすイベントも行うという。

(編集:齊藤啓介)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2014年1月13日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。