台北アニメ・マンガフェスタ開幕、「進撃の巨人」作者らがサイン会

台北アニメ・マンガフェスタ開幕、「進撃の巨人」作者らがサイン会
「台北国際動漫節」でのサイン会に臨んだ諌山創(左3)
(台北 4日 中央社)台北市の南港展覧館でアニメ・マンガフェスティバルの「台北国際動漫節(TICA)」が開催され、初日となる4日は台湾でも大人気の「進撃の巨人」の作者、諌山創が海外で初めてのサイン会を行うなど、入場者が半日で4万5000人を超える盛況ぶりだった。

台北国際動漫節は「中華動漫出版同業協進会」の主催により昨年、初回イベントが催されたもので、2回目を迎えた今年は内外の50社・団体から過去最高となる432ブースが出展。4日は初訪台の諌山のほかに、「16歳、はじめて。」の蜜樹みこ、「できちゃった男子」の御景椿らもサイン会を実施し会場を沸かせた。

今回の台北国際動漫節は、「大電撃文庫展」(台湾角川)の初開催もあり、主催者側では40万人の入場と1億8000万台湾元(約6億200万円)の経済効果を見込んでおり、昨年の実績(33万人、1億3000万元=約4億3500万円)を上回る目標の達成に自信を示している。開催は8日まで。

(鄭景ブン、劉建邦、顧ゼン/編集:羅友辰)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2014年2月4日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら