台湾株、旧正月明け初日 198.09ポイント下落

台湾株、旧正月明け初日  198.09ポイント下落
(台北 5日 中央社)旧正月(春節)連休明けの5日、台湾株式市場は大幅に値を下げて取引を終了した。台湾市場は休場中に欧米株が大幅に下落したことを受けて後を追うように売り注文が殺到、一時8230ポイントと先週より232ポイント下げたがその後幾分持ち直し、終値は198.09ポイント(2.34%)安の8264.48で取引総額は1340.79億台湾元(約4472.84億円)となった。

この日、電子株ではTSMC(台湾積体電路製造)が4.29%安で終値は4.5元安の100.5元。漢民微測科技は35元安の863元、大立光電は20元安の1145元、ホンハイ(鴻海)は3.6元安の81.3元だった。また、伝統産業株の自動車、セメント、ガラスなどは3%安で取引終了まで回復をみないままとなり、主要株による引き上げもなく、紡績、製紙などは小幅な下落を示し、金融株は2.6%安となった。(1台湾元=3.34円)

関係者は台湾株は去年11月より下降と上昇を繰り返しているが、8100ポイントを割ることはないだろうとしており、きょうの各銘柄が軒並み値を下げる中、値上がりして取引を終えたスマートフォンやゲーム、低価格帯電子製品、一部バイオや太陽発電用シリコンチップ、サファイヤ基板などは今年有望とみている。

(韋枢/編集:谷口一康)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る 2014年2月5日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。