日本向け台湾産パイナップルの主力農家、畑の観光農園化で注目

日本向け台湾産パイナップルの主力農家、畑の観光農園化で注目
       
(屏東 27日 中央社)若者の農業離れが叫ばれている台湾で、高学歴の農業従事者も少なからず存在している。特に南台湾では大学院の修士課程を卒業した男性がパイナップル栽培の達人と呼ばれる父親から関連技術を教わる傍ら、パイナップル畑を観光農園へと転換し、大成功を収めたことが話題となっている。

パイナップル畑の観光農園化に成功したのは屏東県の農家、呉堅銘さん(=写真右)。呉さんの父親はかつて日本に向けて輸出されるパイナップルを20年余り生産し続けた農家で、10数年前からパイナップルの有機栽培を行うようになり、現在は呉さんも家業を手伝っている。

あまりの忙しさで同じく修士号を持つ呉さんの妻、謝美蓮さん(左)も公務員を辞めて観光農園の経営に従事。現在は美しい風景を楽しみながらお茶を飲んだり、ドライパイナップルやパイナップル酵素、アイスキャンディなどさまざまな加工品を堪能できる屏東初のパイナップル観光農園として成長し、行楽客にとっても格好の憩いの場に変貌した。

また、見物客に楽しんでもらえるよう、農園のほかに花畑も設営。呉さん夫婦は、来園者にパイナップルへの理解を深めてもらおうと、パイナップルに関する全ての商品をそろえたいと意気込んでいる。

(郭シセン/編集:荘麗玲)
フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年5月27日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。